不動産に相談

借地権の売却は、一般の不動産と比べていろいろな面倒になる手間がかかります。売却には、地主の承諾が必要ですし、借地権と言うものは簡単に買い手が見つかるものでは無いため、売却するのにも時間がかかります。借地権は売却することができますが、借地権を売却する場合は建物を売却する目的のものです。更地した場合は借地権がなくなりますので、底地権者にその権利が戻る形になります。

借地権を売却する場合は、底地権を所有している人から借地権を売却することを承諾してもらう必要があります。この承諾を得る一番の目的は、底地権者が買い手の中で悪意をもった人に借地を買われた場合、不利な立場になってしまいますし悪用されてしまうと土地を所有する人の責任になってしまうからです。借地権の売買は底地権者の承諾そして譲渡承諾料が必要です。このような物事を個人で行うと、トラブルの元になってしまうことが多いのですが、不動産を扱う詳しい人間に依頼することで、さまざまな手続きがスムーズに行えます。

関連資料>借地権の売買・売却はピタットハウスの【借地買取りドットコム】へ!

借地権を売却したい場合、借地権は買い手の数が所有権に比べると少ないです。その理由から売却期間が長くなる傾向があります。借地権などの権利を特に専門に行っているところがあります。インターネットで検索すれば探し出せますので、依頼すると良いでしょう。

専門業者に相談

借地権をいざ売買しようとしたところ、地主に借地の買取りも売却も拒否されしまうケースがあります。こうなると次に考えるのは、借地権の売却です。専門業者へ問い合わせをした場合、よく返答としてかえってくるのが、地主から売却を拒否されている状態での借地権の転売には、特に問題はないでしょうというものです。

このように地主が拒否しているにも関わらず特に問題視していない場合、専門業者の方が地主との交渉に関してかなり多くの金額を水増ししている可能性があり、その結果借地権に関しての売買ではこのような専門業者は適していない部類に入ります。専門業者の中には、さまざまなことを任せてほしいと言うところもありますが、借地権価格を更地の半分に割り引いて買取る契約をして、売主代理人なる業者もいます。

このような業者に出会うことなく交渉を行うには、やはり自身にも借地権に関しての知識をもっていることは必要になりますが、それでもうまくいかない場合にはいくつかの専門業者へ依頼することが重要です。実績のある業者も多くありますし、地域に密着していて信頼がある業者も多くあります。インターネットで検索すれば簡単なことですが、自身の足で不動産を周るなどすることも地域にある業者を訪ねるのも一つの方法です。

弁護士に相談

借地権や底地の売買する場合には、個人で行うことをしないで 不動産鑑定士に相談しましょう。借地権及び底地を売買や交換したい場合は、借地権及や底地の価格をどのように決めているのかが気になるところです。売買に関して地主さんと個人でやり取りをしてしまうと借地権取引や交換での借地権価格に関して、相続税路線価に基づいて借地権割合を基準にしてしまう場合がほとんどです。

相続税路線価の借地権割合と言うのは、相続税の申告時に採用する権利割合になるので1完全所有権割合を地域取引慣行借地権割合にして出しているものです。現状では実際の取引の借地権割合に比べて高い割合になっています。実際の不動産市場において借地権を単独で売買した場合には、借地権割合は相続税路線価の借地権割合に比べてみるとかなり低くなってしまいます。

借地権の売買を単独で行った場合、家の建て替えや増改築、その他の条件変更や借地権の譲渡に関して、また更新料などが発生します。その場合、これらの対応にその都度地主の承諾が必要になるので、個人で売買を行ってしまうと金銭的な負担と借り人としての煩わしさが大きくなってしまいます。借地権の売買はできれば、個別にすることは避けましょう。そして不動産に相談することで、スムーズな解決に繋がります。

借地権の売買に関しての相談先

借地権のさまざまな問題は、借地権を専門としている業者を利用して、不安やお悩みを相談することが大切です。専門業者だけではなく、弁護士などに相談することも可能です。不動産や相続そして税金などに細かく分かれて対応してくれる専門のスタッフが業者の中では多くあるのが特徴ですので、借地権に関してさまざまな悩みがプロの指導によって解決します。

借地権に関しては、その種類も多くありますし、税金や土地代などに関しての決まり事も多くあります。それらを自身で行うには、大変な苦労がありますし知識がなければきちっとした対応ができません。しかしそれらの物事を不動産コンサルタント会社や公認会計士、税理士や司法書士などに相談することで資産となる借地権の問題を解決することができます。プロに依頼することで、不動産の買い取りをはじめとして、どのように不動産の有効活用を行っていったらよいのか、土地の賃貸管理方法や借地権や底地に関する問題などを全面的にサポートしてくれます。

借地権の専門家に気になることを相談することで、不動産や建物を所有するにあたり環境の変化やその必要性に対して、そもそもある建物に対しこれから増改築をしたい人もいます。しかし、借地権を持っている人は建物の増改築などでも注意することがあります。 例えば、借地人が借地上の建物を増改築したい場合、土地所有者の承諾を必要としなければいけません。これは土地賃貸借契約書で旨が記されている場合が多いです。ですから増改築を検討している時は、確認することが必要です。