専門業者に相談

借地権をいざ売買しようとしたところ、地主に借地の買取りも売却も拒否されしまうケースがあります。こうなると次に考えるのは、借地権の売却です。専門業者へ問い合わせをした場合、よく返答としてかえってくるのが、地主から売却を拒否されている状態での借地権の転売には、特に問題はないでしょうというものです。

このように地主が拒否しているにも関わらず特に問題視していない場合、専門業者の方が地主との交渉に関してかなり多くの金額を水増ししている可能性があり、その結果借地権に関しての売買ではこのような専門業者は適していない部類に入ります。専門業者の中には、さまざまなことを任せてほしいと言うところもありますが、借地権価格を更地の半分に割り引いて買取る契約をして、売主代理人なる業者もいます。

このような業者に出会うことなく交渉を行うには、やはり自身にも借地権に関しての知識をもっていることは必要になりますが、それでもうまくいかない場合にはいくつかの専門業者へ依頼することが重要です。実績のある業者も多くありますし、地域に密着していて信頼がある業者も多くあります。インターネットで検索すれば簡単なことですが、自身の足で不動産を周るなどすることも地域にある業者を訪ねるのも一つの方法です。