不動産に相談

借地権の売却は、一般の不動産と比べていろいろな面倒になる手間がかかります。売却には、地主の承諾が必要ですし、借地権と言うものは簡単に買い手が見つかるものでは無いため、売却するのにも時間がかかります。借地権は売却することができますが、借地権を売却する場合は建物を売却する目的のものです。更地した場合は借地権がなくなりますので、底地権者にその権利が戻る形になります。

借地権を売却する場合は、底地権を所有している人から借地権を売却することを承諾してもらう必要があります。この承諾を得る一番の目的は、底地権者が買い手の中で悪意をもった人に借地を買われた場合、不利な立場になってしまいますし悪用されてしまうと土地を所有する人の責任になってしまうからです。借地権の売買は底地権者の承諾そして譲渡承諾料が必要です。このような物事を個人で行うと、トラブルの元になってしまうことが多いのですが、不動産を扱う詳しい人間に依頼することで、さまざまな手続きがスムーズに行えます。

関連資料>借地権の売買・売却はピタットハウスの【借地買取りドットコム】へ!

借地権を売却したい場合、借地権は買い手の数が所有権に比べると少ないです。その理由から売却期間が長くなる傾向があります。借地権などの権利を特に専門に行っているところがあります。インターネットで検索すれば探し出せますので、依頼すると良いでしょう。