たくさんの種類がある助成金

社員の年齢をチェックしよう

人材開発支援助成金は2種類あり、まず若い世代の人を育成するための特定訓練コースを知りましょう。
それは雇用契約を結んでから5年が経過しておらず、35歳未満の社員が対象です。
人材開発支援助成金では、そのような社員が参加する研修を開催するのに必要な費用や、社員に渡す給与を補助してくれます。

社員の年齢が35歳を超えた場合は、特別育成訓練コースの一般職業訓練を実施しましょう。
こちらの人材開発支援助成金なら、年齢制限がありません。
それでも先ほどと同じように、研修に必要な資金などを支給してくれるので、負担に感じることなく実施できると思います。
研修は必要だけれど、費用がなくてできなかった会社におすすめの助成金ですね。

提出しなければいけないもの

助成金を受け取れるのはありがたいですが、申請の手続きが少し複雑ですし、工程が多いので事前に確認しておきましょう。
まずは社員に行う、教育カリキュラムを作成してください。
この時に内容が伝わりにくかったり、不備があったりすると受理してもらえなくなってしまいます。

特定訓練コースを実施する際は、研修を始める2か月前までに認定を受けてください。
さらに訓練実施計画書という書類を、研修を始める1か月前までに労働局に提出します。
計画届を出したら6か月以内に研修を始めなければ契約違反になり、助成金を受け取れないので気を付けてください。
このように期間が決まっているので、余裕を持って書類を作成し、研修を始めるのが良い方法です。


この記事をシェアする